特殊清掃の流れ

ご相談、お見積り、ご契約

1.ご遺体の発見

特殊清掃現場孤独死や自殺、事件に巻き込まれたりして自室で亡くなられているのが発見されるのは、多くの場合、近所の方が異臭やハエなどの大量発生などで異変に気付くことから始まります。また、身内の方が何度電話やメールなどで連絡しても反応がなく「おかしい」と感じるところから始まります。

その場合、すでに死後数日が経過していることが多く一般の方が不用意に室内に立ち入ることは危険ですし、まずは警察への通報を行います。

2.警察への通報

警察への通報死後数日が経過していると思われるケースは変死として扱われます。警察は現場を立ち入り禁止にし、亡くなられた原因が病死、事故死、自殺、あるいは事件なのかを検証します。

ご遺体は司法解剖のため現場から運び出されますが、異臭の元となる体液や血液などはそのままです。もちろんハエや蛆などの害虫もそのままです。

3.特殊清掃会社へ連絡

特殊清掃会社へ連絡警察の現場検証などが終わるまで現場の部屋に立ち入ることはできません。この間に特殊清掃会社に相談してください。ご遺体が発見された状況、経緯などお話をお聞かせください。

その内容から現場の状況を推測し、現場に立ち入ることが出来るようになったらどのような手順で作業を進めればよいか、どのような作業を行うことになるか、大まかに説明させていただきます。そして現地でのお見積り日時の打ち合わせをさせていただきます。

特殊清掃作業パック

フリーダイヤル0120-500-797
メール見積もりはこちら

4.現場での無料お見積り

現場での無料お見積り警察による立ち入り禁止が解除されたらお見積に現場へ伺います。現場の汚染状況、臭いの発生状況、害虫の発生状況、室内の遺品の量、処分方法、特殊清掃の手順、解体、リフォームの必要性、作業にかかる日数などを丁寧に検証しお見積させていただきます。

現場の状況によっては感染症などの問題もあり、またご遺族様の精神的ダメージの大きさからアイコムのスタッフのみが室内に立ち入ってお見積りをすることも可能です。お見積の内容についてご遺族様が安心できるよう丁寧に説明させていただきます。

特殊清掃作業~遺品整理

5.現場の除菌・消毒

現場の除菌・消毒特殊清掃が必要な現場はウィルスなどによる感染症のリスクが高いため防護服に身を包みます。そして現場の除菌、殺菌のために通常よりも濃い複合二酸化塩素を散布します。消臭効果もあるのでひどい腐敗臭を緩和させることにも役立ちます。

夏場などの季節によってはオゾンによる脱臭も行い近隣の方が異臭による不快な思いをしないようにします。臭いの程度によっては脱臭に数日を要する場合もあります。

6.遺品整理・不用品の搬出

遺品整理・不用品の搬出特殊清掃の現場に遺された品は亡くなられた方が大切に使われてきた品ばかりです。貴重品、思い出の品もたくさんあります。

また、これらの遺品の中には体液などで汚染され腐敗臭を発生するものも多数あります。ひとつひとつ丁寧に仕分け分類し、体液で汚染された不用品は臭いが外に漏れないよう、しっかり梱包して搬出します。遺品整理と特殊清掃作業は順序が逆になったり、並行して行ったりする場合もあります。

7.特殊清掃作業

特殊清掃作業現場の商況に応じて適切な薬剤を使用して清掃作業を行います。どのような汚れにどのような薬剤を使用するかは特殊清掃の経験がモノを言います。

また、アイコムのスタッフは「事件現場清掃士」「脱臭マイスター」の資格を有し、常に新たな清掃技術の構築、優良同業者との特殊清掃技術についての情報交換に努めております。

8.汚染個所の解体・リフォーム

汚染個所の解体・リフォーム遺体から流れ出した体液や血液は表面を清掃しただけでは臭いの発生を断つことはできません。そのような場合には汚染された箇所を解体し、汚染部分を取り除く必要があります。

アイコムのスタッフは大工仕事、リフォーム作業を行うことが出来るスタッフがいます。特殊清掃現場の状況に応じて臨機応変に解体・リフォーム作業を行うことが出来ます。

9.オゾン消臭・作業完了

オゾン消臭・作業完了特殊清掃作業が終わった現場をオゾン消臭します。人が亡くなられたときの腐敗臭は、一般的な消臭剤や芳香剤や空気清浄機などでは消臭できません。強力なオゾン消臭器を使用して消臭を行います。

その後、臭いが残っていないか入念にチェックを行い、ご依頼者様にもご確認いただいて作業完了となります。その後作業料金をお支払いいただきます。

特殊清掃パック
フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
特殊清掃アイコム
このページのトップへ