特殊清掃業者選びのポイント

今このページをご覧の方は、現在ご自身、ご親戚、身近な方の住まいで孤独死や自殺、事故死などの不幸があった方と推察します。管理する不動産で同様の事件が発生した不動産オーナーの方かもしれません。

いずれにしても途方に暮れていることと思います。現在警察の現場検証などが行われているところでしょうか?立ち入り禁止が解除になってもその現場をどうしたらよいか…

特殊清掃作業を依頼しようと考えている業者が優良業者かどうかを見極めるために「特殊清掃作業における重要なポイント」を紹介します。以下に上げる作業がその業者が特殊清掃作業にいかに丁寧に真摯に向き合っているかが判断できるポイントです。

見積もり時にどのような作業を行うのかわかりやすく説明してくれるか?

特殊清掃のお見積り特殊清掃作業は多岐にわたります。現場の汚染個所の清掃はもちろん、消臭作業、汚染状況によってはリフォーム作業、遺品の整理や不用品の分別、搬出、処分などがあります。

特殊清掃を依頼しようと考えている業者がどこまでの作業をどのように行ってくれるのかをしっかり確認しましょう。明確に説明できない特殊清掃業者は注意が必要です。

アイコムはお見積り時にどのような作業、施工を行うのか丁寧に説明させていただきます。

見積金額をしっかり説明してくれているか?作業後に追加料金など発生しないか?

見積もりの説明特殊清掃会社の中には、お見積り時には特殊清掃の最小限の金額のみ提示し、作業後に「遺品整理費」「不用品運搬費」「廃棄物処理費」など様々な名目で追加料金を上乗せする業者がいます。

お見積の作業内容がどこまでなのか?お見積金額でどこまでの作業が完了するのかをしっかり確認しておきましょう。

アイコムはお見積り時に提示した金額以上に請求することはありません。

特殊清掃作業パック

フリーダイヤル0120-500-797
メール見積もりはこちら

死臭、腐敗臭の除去の方法、消臭方法、技術が優れているか?

解体、リフォーム特殊清掃技術で最も要求されるものの一つに消臭技術があります。様々な薬剤を使った簡易な消臭から、オゾン処理祖する方法、住宅の汚染状況によっては汚染個所を取り除くための解体、リフォームが必要です。

適切に作業を行うことが完全な消臭と無駄な費用がかからないことにつながります。どのような消臭作業を行うのか確認しましょう。

アイコムのスタッフは「事件現場清掃士」「脱臭マイスター」の資格を持っております。

不用品や、遺品の整理はしっかりしてくれるか?

遺品整理特殊清掃作業の現場にはそこに住まわれていた故人の方の遺品が遺されています。孤独死の現場においてはゴミ屋敷のような状態になっているケースも多いのですがその中にも故人の大切にされてきた品、権利書や証書、通帳、現金など貴重品も多く隠れています。

これらの室内に遺された品をひとつひとつ確認し処分するものと遺すものを仕分ける必要があります。遺品整理が得意な業者か見極めましょう。

アイコムは遺品整理のご依頼も承っております。

特殊清掃作業後のアフターフォローはしっかりしているか?

特殊清掃作業後特殊清掃作業後、数日たって「臭いが消えていない」「害虫が発生する」などの問題が発生するケースがあります。そのような場合にきちんと対応してくれるかどうかは重要なポイントです。

消臭技術がしっかりしていない業者ほどアフターフォローもいい加減な傾向にありますので注意が必要です。臭いが再発した場合のフォローについて確認しましょう。

アイコムは特殊清掃後のアフターフォローに自信があります。

特殊清掃パック
フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
特殊清掃アイコム
このページのトップへ