八王子市にて玄関先での孤独死による特殊清掃

特殊清掃作業のビフォーアフター


Before

After

7月後半での暑い日にお問い合わせ頂きました。
近隣住民が異臭がするとのことで警察に問い合わせて発見に至りました。
死後2週間が経過されていたそうです。

ご遺族様が中に入って貴重品や形見分けを行うのに、玄関がこの状態では中に入るのも難しい状態です。
今回はご遺族様が中に入れるようにするのが目的です。

現場は体液の量が多くウジが大量に発生しておりました。
壁から框まで体液が浸透してしまい、清掃だけでは不可能な状態ですが、賃貸オーナーから、清掃して遺品整理したら内装解体工事を行うと言われているらしく、弊社は最低限の施工を言われております。
腐敗臭が緩和されていて、近隣からのクレームが起こらない程度の施工です。
弊社の特殊清掃パックで作業に入ります。完全消臭は今回は必要ございません。

今回は、特殊清掃後に一部分だけクッションフロアを剥がして薬品散布とオゾン消臭でお引渡しさせて頂きました。

孤独死や事件現場で一番重要なのは、このお部屋を今後どのように利用するかと、どのような段取りを行うかが重要です。
二度手間、三度手間を無くし、無駄のない工程を踏むことで、費用面もフットワークも早く安くなると思います。

夏場は腐敗臭が多く近隣住民もナイーブになります。
いち早く行動することでトラブル回避にも繋がります。今回の現場では、お伺いしてそのまま作業に入らせて頂けましたので近隣住人もホッとされておりました。

間取り 2DK
作業時間 1時間
作業人数 1名
作業料金 69800
特殊清掃パック
フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
特殊清掃アイコム
このページのトップへ