渋谷区にてクッションフロアでの特殊清掃

特殊清掃作業のビフォーアフター


Before

After

Before

After

Before

After

今回は渋谷区にて孤独死による特殊清掃のご依頼でした。
不動産業者へ近隣が腐敗臭のクレームを言い、発見に至りました。
見積もり時に応急処置として特殊清掃とオゾン脱臭を行いまして、その後ご遺族様が形見分けを行い、その後遺品整理と本格的な特殊清掃に入りました。
クッションフロアの上に布団が敷いてあり、その布団の上で最期を迎えてしましました。
市後一週間での発見ですが、真夏の暑い日でしたので、腐敗も進んでおりました。
まず、貴重品を捜索しながら遺品整理を行います。
家財道具を完全撤去しないとクッションフロアを剥がせません。
箪笥や衣類などを撤去して遺品整理を終わらせます。
その後、クッションフロアを剥がしてみると、中に大量の血液や体液がシミ込んでいます。
クッションフロアの多くの場合、ビニール素材なので体液の逃げ場がなく、少しの隙間か下地に浸透してしまう場合が多いです。
クッションフロアを剥がして、汚染箇所が判明したら、汚染されている下地も解体していきます。
コンパネで止まっている事も多いのですが、今回は根太まで流れておりました。
体液を少しでも残してしまうと、腐敗臭が止まりません。どこまで流れているかを的確に判断して解体を行っていきます。

弊社ではこの解体工事を自社で施工していきますので、その日に腐敗臭の多くは無くなります。完全に撤去してから消臭剤を散布して、オゾンで仕上げを行います。
オゾンを設置するころには、お部屋から腐敗臭はほぼ無くなっている状態です。
特殊清掃業者の中には、オゾン機だけで消臭・消毒ができると勘違いしている業者も多くあります。
体液を残している状態では、どんな高性能機械を使用しても、完全消臭は不可能でしょう。

今回のお部屋は、オーナーの意向により、当分賃貸には出さないと聞いているので、後日下地とコンパネだけ原状工事を行いお引渡しになります。
お部屋の利用計画をお伺いして無駄のない作業を行うことで、予算を抑えて作業に入らせていただけます。

間取り 1DK
作業時間 6時間
作業人数 4名
作業料金 330000
特殊清掃パック
フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
特殊清掃アイコム
このページのトップへ